メイプルカントリークラブ

コースガイド メイプルカントリークラブは岩手県滝沢村(現滝沢市)に「急造に名門なし」の言葉を守り、3 年の歳月かけて作られ、1987 年4 月にオープンしました。コース設計は世界の名コースに精通し、元世界アマ日本代表の故金田武明氏。約85ha の敷地に広がるコースは全長6,528 ヤード・パー72、グリーンはベントのワングリーンです。各ホールにはニックネームがつけられており、その由来を探ることも楽しみの一つです。一日最大25 組、スタート間隔も10 分間と余裕のあるプレーが可能です。 各コースとも自然の地形を活かした設計で、各ホールに世界の名コースを再現しています。例えば1 番「一期」と10 番「一会」はダブルグリーンとなっており、ゴルフの聖地・セントアンドリュースをモチーフとしています。ティグラウンド前に大きな谷のある11 番「魔女の丘」は全体のレイアウトはアメリカのハーパータウンGL を、ティショットの戦略性は同じくアメリカのペブルビーチGC の考え方。池越えの16 番ショートホール「禅」はオーガスタ・ナショナルGC を再現しております。またグリーンは2 段グリーンや3 段グリーンが多く、ピンポイントでグリーンをとらえないとバーディが難しい設計になっているため、ピンポジションから逆算で攻略を考えるゴルフの醍醐味を味わえる戦略性の高いコース設計です。 クラブハウスはグラフィックデザイナー故亀倉雄策氏によるデザインで、明るく落ち着いた上品な造りになっています。レストランでは地元岩手の食材をふんだんに使用したメニューが中心で、特に「盛岡冷麺」が人気。練習場は250 ヤード8 打席の広さで、実際に天然芝の上からショットすることができ、実際のコースでのプレーを想定した練習ができます。 盛岡駅から約35 分、花巻空港から約1 時間、お車では盛岡IC から約25 分と利便性も高く、近隣には小岩井農場などの観光地もございます。
ゴルフ場名 メイプルカントリークラブ(メイプルCC) めいぷるかんとりーくらぶ
所在地 〒020-0709 岩手県滝沢市大沢外山野1-1
最寄りIC 東北自動車道 盛岡 15km以内
最寄りIC 東北自動車道 盛岡 15km以内
クチコミ件数 20 件
総合評価
スタッフ接客
設備が充実
食事が美味しい
コース/戦略性
コストパフォーマンス
距離が長い
フェアウェイが広い
最新プラン情報

インフォメーション

◇プレー日3日前までにプレーヤー全員の氏名をご通知下さい。 ◇料金には、グリーンフィ・諸経費・キャディフィ・保険料・ゴルフ場利用税・消費税・国体支援協力金(30円)が含まれます。 【ご来場に関しての注意事項】 ・上着着用(ブレザーに準ずる服装。ジャンパー類は不可)及び襟付きシャツ着用をお願いします。 ・Gパン等の作業着、スニーカー、サンダル等でのご入退場はご遠慮ください。 ・プレー中のオーバーシャツはご遠慮ください。 *何卒当クラブのドレスコードにご理解とご協力をお願い申し上げます。 ◇・◇・◇・◇・◇提携ホテルのご案内◇・◇・◇・◇・◇ ◆HOTEL APPI GRAND◆ 〒028-7396 岩手県八幡平市安比高原 TEL:0195-73-5011 ◆MORIOKA HOTEL GRAND◆ 〒020-8501 岩手県盛岡市愛宕下1-10 TEL:019-625-2111 ◆MORIOKA HOTEL GRAND ANNEX◆ 〒020-0021 岩手県盛岡市中央通1-9-16 TEL:019-625-5111

メイプルカントリークラブの予約はこちら

ゴルフ場情報

基本情報

住所
〒020-0709 岩手県滝沢市大沢外山野1-1
連絡先
TEL.019-684-5111 FAX.019-684-5110
休場日
不定休
開場日
1987-04-22
カード
JCB VISA MASTER ダイナース アメックス
シューズ指定
指定なし
服装指定
Tシャツ・ジーンズ・サンダル不可
付帯施設
  • 練習場:あり 250Y 8打席
  • 宿泊施設:なし
  • その他:

コース情報

コース名
OUT・IN
設計者
金田武明
コース種別
丘陵
コース高低差
適度なアップダウン
面積
85万m2
グリーン
ベント その他
グリーン数
1グリーン
ホール数
18
パー数
72
距離
6528Y
ドラコン
4H,14H,
ニアピン
5H,16H

メイプルカントリークラブの予約はこちら

利用者レビュー

メイプルカントリークラブの予約はこちら

近隣の宿泊施設

最寄りの宿泊施設がみつかりませんでした。

楽天ウェブサービスセンター

ドライバーショットの基本

ゴルフをする上で一番のポイントになるのがドライバショット。ミドルホールとロングホールではたいていティーショットをドライバーで打つことになります。初っ端から、ダフったり、転がったりしたらモチベーションが下がってしまい成績も散々な結果に・・・なんてよくある事です。そこで、ドライバーショットの4つの基本をまとめてみました。

①クラブの握り方

フェードやスライスボールを打ちやすいウィークグリップ、ドローやフックボールを打ちやすいストロンググリップなど様々な握り方がありますが、手首とクラブをスムーズに動かすことができる自分に合った握り方をしっかり見つけることが一番大切です。

②ドライバーのアドレス

ボールの前に肩幅よりも気持ち広めに足を開いて立ち、両足に均等に体重をかけて膝を曲げ、肩の力を抜き目標に向けて肩の線と飛球線が平行になるように構えるのが基本です。

③スイング

スイングは腕で球を打とうとするのではなく、体の回転で打つことが基本です。ボールを打つ時の自分の腕の動きをしっかり理解して、目標に対して正確に打てるポイントを見つけましょう。

④自分にあったドライバー

最近ではドライバーも様々な素材や最新技術によって作られています。ドライバーに大切なライ角、フェース角、シャフトの長さ、ヘッドの重さなど調整できるドライバーも出ています。芯を多少外しても、ある程度ボールが飛ぶという低重心で重心深度が深いものが増えてきているので、技術が伴わなくても道具でカバーすることも可能です。自分に一番合ったドライバーを見つけることこそドライバーショットの上達に一番近道かも知れませんね。

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください






ページトップへ